サラリーマンを辞めたけれど、また戻った人のブログです

サラリーマンを辞めて会社に属さず生きていく事に決めたけれど、またサラリーマンに戻った人のブログです。

ブロッコリーは10分も茹でたらダメだ!

 

最近、自炊をする事が多くなってきました。

この間までは平日なんか毎日帰宅が0時近くで、休日も外出が多かったですからね。

 

最近、色々やっているのですが、失敗ばかりです。。。

今日は、その失敗事例の1つを共有します。

 

2週間前、野菜を採りたいと思って、ブロッコリーを茹でる事にしたのです。

最後にブロッコリーを茹でたのなんて3年以上前。

茹で方の勘所なんて忘れてしまっていて、「とりあえず10分茹でよ」って感じで茹で始めました。

10分茹でた後、鍋からざるへ。

そうしたら見事にグチャグチャ・・・。

 

食べられたもんじゃありませんでした。

(でも、食べました。何とか掻き集めて。。。)

 

そこでへこたれる私ではありません。

昨日、もう1度、ブロッコリーをきれいに茹でてやろうと立ち上がりました。

 

まず、予習です。

こちらのサイトを拝見してやってみました。


ブロッコリーのゆで方/ゆで時間(茎の食べ方も合わせて紹介):白ごはん.com

サイトを見て、今度は絶対成功させてやると固く決心しました。

 

まず、鍋に水を入れて沸騰させます。

それと同時に買ってきたブロッコリーを食べるサイズに割っていきます。

 

鍋の水が沸騰したら、ブロッコリーを鍋へ。

その後、鍋に入れたブロッコリーに入れて塩を3振り。

 

サイトではゆで時間は3分と出ていたので、3分くらいで、ちょっと太めの茎の部分を触ってみます。

うーん、まだ固いかな。

でも、茹で過ぎるのが怖いので、あと1分だけ茹でる事にします。

 

1分後、先程触った、ちょっと太めの茎の部分を、もう1度触ってみます。

少し硬い気がするけれど、この辺でやめておこう。

 

鍋の中のブロッコリーをざるへ。

前回みたいにグチャグチャに崩れる事はありませんでした。

ここで暫く冷ましました。

 

f:id:blue_sky_5:20140922131551j:plain

(すいません、きれいな写真じゃなくて・・・。)

 

そして夕食、早速食べてみましょう!

うん、まあまあ合格!

敢えて言うならば、これ以上茹でていたら、房の部分がもっと柔らかくなっていたでしょう。

茎の部分と房の部分のバランスが難しいですね。

 

こうして、料理というものは覚えていくんですね。

少しずつでもステップアップしていきますよ!

 

 

おまけでもう1つ。

夕食ではもう1品、生姜焼きをやろうと思ったのですが、タレを作ろうとしたら、生姜が家に無い事が発覚・・・。

で、即興で作ったタレで焼いた豚ロースが、こちら。

f:id:blue_sky_5:20140922132148j:plain

(こちらもきれいな写真じゃなくて、スミマセン)

 

タレの内訳は・・・

  • 麺つゆ・・・大さじ5くらい
  • 焼肉のたれ・・・ほんの少々
  • 砂糖・・・小さじ2くらい
  • 鶏がらスープの素・・・少々

 

自分の力量で「抜群に旨い!」までいきませんでしたが、ちょっと可能性がある味でしたね。

 

料理は面白いですね。